① どんな患者様が妊娠しているんですか?

① どんな患者様が妊娠しているんですか?

 

20代〜40代まで幅広い年齢の方が
自然妊娠から体外受精まで、様々な方法で妊娠されています

当院には妊娠出産を望む、20代前半から40代後半まで様々な年齢層の方が通院されています。
2017年には64名、2018年には66名の方が妊娠され、たくさんの嬉しい瞬間をご一緒させていただくことができました。
 
妊娠に至った方法はタイミング法から体外受精まで、こちらも様々ではありますが、体外受精に対する鍼灸施術の有効性が医学的に示されて認知度が高まってきたこともあり、体外受精に向けて施術を受けられ、めでたく妊娠される患者様が増えてきています。
 
2017〜2018年には85名(64%)の方が体外受精、14名(8%)の方が人工授精、そして31名(28%)の方がタイミング法で妊娠されました。
 
 

② 鍼灸で体外受精の妊娠率はアップできますか?

② 鍼灸で体外受精の妊娠率はアップできますか?

 

当院の不妊鍼灸施術を組み合わせることで
体外受精の妊娠率をアップできる可能性があります

上の表は2017〜2018年に、当院の不妊鍼灸施術を併用しながら体外受精を受けられた患者様のデータです。
 
日本産婦人科学会の2016年の統計では、体外受精における一般的な妊娠率は約30%ですが、当院での不妊鍼灸施術を併用された患者様の妊娠率は50.9%を記録しました。
 
もちろん母数に大きな違いがあるため、完全な比較対象とはなりませんが、各年代での妊娠率を比較しても優位差が認められる結果となりました。
 
特に35歳以下では非常に高い妊娠率を記録したこと、そして妊孕性(妊娠しやすさ)が低下し始めるとされる35歳以上においても妊娠率は40%以上をキープし、不妊鍼灸施術併用の可能性を示す結果となりました。
 
 

③ 何回くらい通ったら妊娠できますか?

③ 何回くらい通ったら妊娠できますか?

初めての患者様からよく聞かれる質問です。
 
お答えとしては
「その人その人の今のお身体の状態によって変化します」。
 
妊娠できる状態を100としましょう。
 
当院に来院された時点で、70〜80に到達している方(例えばホルモン値・生理周期・基礎体温などに問題のない方)もいれば、20~30からスタートしなくてはいけない方もいらっしゃいます。
 
そこで今回、2018年7月〜12月に当院で妊娠された直近20名の方のデータを集計しました。
 
① 妊娠時の「ご年齢」
② 初診時までの「妊娠活動期間」
③ 妊娠成立までに要した「施術期間」
④ 妊娠成立までに行った「施術回数」
⑤ 「妊娠方法」
 

年齢 初診時までの
妊活期間
妊娠成立までの
施術期間
妊娠成立までの
施術回数
妊娠方法
35 5年 2ヶ月 6回 体外受精
41 2年
1ヶ月 2回 体外受精
34 3年 1ヶ月 3回 体外受精
37 1年 4ヶ月 14回 人工授精
31 2年 2ヶ月 8回 自然妊娠
35 1年 9ヶ月 41回 自然妊娠
26 1年 2ヶ月 5回 自然妊娠
30 3年 4ヶ月 19回 体外受精
45 2年 3ヶ月 14回 体外受精
32 2年 4ヶ月 8回 自然妊娠
(体外受精
お休み期間)
36 5年 11ヶ月 40回 自然妊娠
38 5年 2ヶ月 9回 体外受精
38 3年 8ヶ月 20回 体外受精
27 1年 6ヶ月 15回 自然妊娠
41 3年 1ヶ月 3回 体外受精
37 2年
10ヶ月 34回 体外受精
33 0.5年 6ヶ月 15回 自然妊娠
35 1年 8ヶ月 28回 人工授精
37 2年 11ヶ月 38回 体外受精
29 1年 7ヶ月 18回 自然妊娠

 
※クリニックにて胎嚢が確認できた時点を妊娠としています

初めての患者様からよく聞かれる質問です。
 
お答えとしては
「その人その人の今のお身体の状態によって変化します」。
 
妊娠できる状態を100としましょう。
 
当院に来院された時点で、70〜80に到達している方(例えばホルモン値・生理周期・基礎体温などに問題のない方)もいれば、20~30からスタートしなくてはいけない方もいらっしゃいます。
 
そこで今回、2018年7月〜12月に当院で妊娠された直近20名の方のデータを集計しました。
 
① 妊娠時の「ご年齢」
② 初診時までの「妊娠活動期間」
③ 妊娠成立までに要した「施術期間」
④ 妊娠成立までに行った「施術回数」
⑤ 「妊娠方法」
 

年齢 初診時
までの
妊活期間
妊娠成立
までの
施術期間
妊娠成立
までの
施術回数
妊娠方法
35 5年 2ヶ月 6回 体外受精
41 2年
1ヶ月 2回 体外受精
34 3年 1ヶ月 3回 体外受精
37 1年 4ヶ月 14回 人工授精
31 2年 2ヶ月 8回 自然妊娠
35 1年 9ヶ月 41回 自然妊娠
26 1年 2ヶ月 5回 自然妊娠
30 3年 4ヶ月 19回 体外受精
45 2年 3ヶ月 14回 体外受精
32 2年 4ヶ月 8回 自然妊娠
(体外受精
お休み期間)
36 5年 11ヶ月 40回 自然妊娠
38 5年 2ヶ月 9回 体外受精
38 3年 8ヶ月 20回 体外受精
27 1年 6ヶ月 15回 自然妊娠
41 3年 1ヶ月 3回 体外受精
37 2年
10ヶ月 34回 体外受精
33 0.5年 6ヶ月 15回 自然妊娠
35 1年 8ヶ月 28回 人工授精
37 2年 11ヶ月 38回 体外受精
29 1年 7ヶ月 18回 自然妊娠
※クリニックにて胎嚢が確認できた時点を妊娠としています

当院の不妊鍼灸施術によって
妊娠までの期間を短縮できるかもしれません

当院の不妊鍼灸施術によって妊娠までの期間を短縮できるかもしれません

 

上記のデータからも読み取れるように「妊娠までの治療期間」は様々です。

体外受精の直前に来院されて少数回で妊娠に至った方もいらっしゃれば、週1回の治療を約1年に渡って継続されて自然妊娠に至った方もいらっしゃいます。
しかし、いずれの方にも共通したデータが存在します。
それは 「妊娠患者様のほぼ全員が妊娠期間の短縮に成功していること」です。

当院来院前までの妊娠活動期間の平均は「約2年4ヶ月」ですが、当院での不妊鍼灸治療開始から妊娠までの平均期間は「約6ヶ月」という結果でした。

スタート時のお身体の状態の違い、ホームワークへの取り組みの違いによって、ゴールまでの期間は様々ですが、当院での取り組みが「あなたの妊娠期間の短縮」へのお役に立てるのではないかと考えています。
 

④ 卵子の成長サイクルから考える妊娠への近道

④ 卵子の成長サイクルから考える妊娠への近道

3ヶ月以上の継続施術で
妊娠率がアップしています

卵子が成熟して排卵されるまでには100〜120日(文献によっては半年)の時間を要すると言われています。
 
当院ではこの100〜120日の期間に、子宮卵巣へのしっかりとした血液循環を確保し続け、卵子の成長に必要な質の高い栄養を与え続けることが重要と考えています。
 
その仮説について、2018年度の移植の結果を継続通院3ヶ月未満と3ヶ月以上のグループに分け、データの検証を行いました。
 
通院3ヶ月未満での移植件数34件のうち、妊娠陽性反応が11件(妊娠率32.4%)。
それに対し、通院3ヶ月以上での移植件数63件のうち、妊娠陽性反応が33件(妊娠率53.2%)を記録しました。
 
このデータは卵子の質を高める上で、原始卵胞の時期から質の高い血流と栄養を与え続けることの必要性を示唆するもので、当院の不妊鍼灸施術や分子栄養学に基づいた栄養カウンセリングが貢献できる可能性を示すデータではないかと考えます。
 
 

胚盤胞移植は初期胚移植に比べて
約2倍の妊娠率

一般的にも知られていますが、初期胚移植に比べて胚盤胞移植の方が妊娠率は高いと言われています。
これは初期胚移植の場合、採卵周期に移植を行うケースが多くなるため、移植時には子宮内膜のコンディションがピークを過ぎてしまうことが1つの原因と考えられます。
 
当院の2018年度のデータでも、胚盤胞移植の妊娠率が58.2%だったのに対し、初期胚移植の妊娠率は29.3%で、約2倍の優位差が生じました。
 
このデータから、体外受精における妊娠率を高めるためには、まず胚盤胞に到達させることが重要で、胚盤胞に到達させるためには先でも述べた100〜120日の卵子の成長サイクルにおいて質の高い血流と栄養を与え続けることが重要であると考えます。
 
 

当院の不妊鍼灸施術を併用して

 

妊娠率アップを目指しませんか?

 
当院では新潟県内各地から毎年多くの患者様にご来院頂いております。
患者様の妊娠活動の内容は千差万別で、施術方法もカウンセリング方法も個別性が求められます。
 
その中で私たちは伝統医学である東洋医学と現代医学である西洋医学の考えを融合し、日々の施術に取り組んできました。
妊娠できる方とそうでない方・・・
この違いは何だろう?
 
毎日の生きた臨床の中から生じた疑問を、東洋医学的観点、西洋医学の解剖学・生理学的観点、時には運動学や分子栄養学の観点から、その違いを考察することをスタッフ全員が呼吸をするかの如く、日々行なっています。
 
そして、この違いを見つけるために私たちは統計学を重視し、患者様のデータを様々な視点から検証しています。
私たちの提供した施術がきちんと患者様のお身体に変化を与えられているか。
 
生理周期は安定してきたのか。
経血の量や質に変化はあったのか。
ホルモン値の検査結果は改善しているのか。
 
感覚的なものでは無く、クリニックと同様にエビデンス(医学的根拠)を重視した施術を提供することを大切にしています。
 
初回の無料相談・無料体験施術ではお身体の状態についてお聞かせ頂き、これまでに蓄積されたデータや症例をもとに、ゴール(妊娠・出産)までの設計図を提案しています。
 
まずは少しの勇気を出して、その一歩を踏み出してみませんか?
お気軽にお問い合わせください。
 
 

当院の不妊鍼灸施術を併用して
妊娠率アップを目指しませんか?

 
当院では新潟県内各地から毎年多くの患者様にご来院頂いております。
患者様の妊娠活動の内容は千差万別で、施術方法もカウンセリング方法も個別性が求められます。
 
その中で私たちは伝統医学である東洋医学と現代医学である西洋医学の考えを融合し、日々の施術に取り組んできました。
妊娠できる方とそうでない方・・・
この違いは何だろう?
 
毎日の生きた臨床の中から生じた疑問を、東洋医学的観点、西洋医学の解剖学・生理学的観点、時には運動学や分子栄養学の観点から、その違いを考察することをスタッフ全員が呼吸をするかの如く、日々行なっています。
 
そして、この違いを見つけるために私たちは統計学を重視し、患者様のデータを様々な視点から検証しています。
私たちの提供した施術がきちんと患者様のお身体に変化を与えられているか。
 
生理周期は安定してきたのか。
経血の量や質に変化はあったのか。
ホルモン値の検査結果は改善しているのか。
 
感覚的なものでは無く、クリニックと同様にエビデンス(医学的根拠)を重視した施術を提供することを大切にしています。
 
初回の無料相談・無料体験施術ではお身体の状態についてお聞かせ頂き、これまでに蓄積されたデータや症例をもとに、ゴール(妊娠・出産)までの設計図を提案しています。
 
まずは少しの勇気を出して、その一歩を踏み出してみませんか?
お気軽にお問い合わせください。
 
 

 
 

重複予約を防ぐため、ツイッターに記載されていない時間でもご予約可能な場合がございます。お気軽にお問い合わせ下さい。

妊活はり灸治療院 mamari(ママリ)


住所

新潟市中央区女池2-3-18 
六角木ビル1F
(つばさマッサージはり灸院内併設)


営業時間・休診日

月〜土 9:00〜19:00
(最終受付 18:00)
休診日:日・祝日


TEL

025-385-6554


交通アクセス

お車の方:新潟バイパス桜木ICより車で2分
バスの方: 「女池2丁目」バス停より徒歩1分