第2回:子宮内膜を厚くするには?

2017年08月03日
知識 西洋医学

新潟市中央区の『妊活はり灸治療院 mamari(ママリ)』です。
自然妊娠から体外受精まで、「新潟県で妊娠を目指すすべての方のお手伝い」をさせていただいています。

先日のブログでは「卵を大きく育ててくれるホルモン=FSH」の説明をしました。

今日は『着床のために重要な子宮内膜を厚くする方法』についてのお話です。

 


FSHによって卵胞(卵の殻の部分)が発育するにつれて、
卵胞からE2(エストラジオール=女性ホルモン)が分泌されます。

このE2が子宮内膜を厚くしてくれて、着床に向けた準備を行ってくれます。

 

【E2の主な働き】
● 卵胞の成熟を促す
● 受精卵の着床を助けるため子宮内膜を厚くする
● 精子が子宮の中に入りやすいよう頸管粘液の分泌を促す
● 基礎体温を下げる

 
『E2は子宮内膜を厚くしてくれて、妊娠を助けてくれるホルモン』

 『E2のホルモン値が良好 = 質の良い卵』とも言えそうです。

☆mamariでは、はり灸治療やラジオ波(高周波温熱)を使って、「E2のホルモン値を上げて、子宮内膜を厚くしていく方法」をご提案しています。

現在、通院への不安を解消して頂くために、初回無料体験&無料相談を行なっています。

クリニックで「子宮内膜の厚みについて指摘されたことがある方」「ホルモン値の問題を指摘されたことがある方」はぜひ1度ご相談ください。

詳しくは公式HPをご覧ください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【新潟市の妊活はり灸治療院 mamari(ママリ)】

公式HP:http://niigata-hunin.com/

 

住所:新潟市中央区女池2丁目3-18 六角木ビル1F
(つばさ整骨院・マッサージはりきゅう院内併設)

TEL:025-385-6554
営業時間:月〜土曜日 9:00〜19:00
休診日 :日・祝日

←前の記事へ  記事一覧  次の記事へ→